presented by Toa Interrnational Co,Ltd.
t3@vwtype3.com TEL:045-501-0797
Top
Topics
Profile
History
Data
Fuatured
Gallery
For sale
Project


1961モデル 1500ノッチバックがタイプ3としてリリースされる。
1493cc、サイドドラフト32phnキャブレータ、6V電装。
サイドマーカーランプ、速度調整式ワイパー、サイドポップアップウィンドー等を装備。
1962モデル 1500バリアントが追加リリースされる。
1963モデル スチールスライディンググルーフ搭載モデルがリリースされる。
1964モデル 32PDSツインキャブレータを搭載した1500Sモデルがリリースされ
従来通りのサイドドラフトキャブレータ搭載モデルは1500Nとなり
サイドドラフトキャブレータが搭載され、外観上は1500Sモデルという
中間モデルの1500Eというタイプが用意される。
1500N; サイドドラフトキャブレータ、54bhp、ブレットフロントウィンカー、ショートペイントリヤリフレクター、ペイントベントウィンドフレーム、ショートアームレスト、シングルスピードワイパー。
サイドマーカー、時計、助手席サンバイザー、助手席側外鍵、等の備わらないスタンダードモデル。
1500S; ツインキャブレータ、66bhp、クロームボディモール、フロントフードモール、ラウンドタイプフロントウィンカー、ロングクロームリフレクター等外観上も豪華使用となる。
1500E; エンジンは1500N、内・外装は1500Sという中間モデル、生産台数も僅くわずかな中間モデル。
1965モデル ワイパー、ヘッドライトスウィッチ等細かなマイナーエンジンを受ける。
1966モデル 1600TLとしてファーストバックがラインナップに加わる。
ノッチバックは1600A,1600L,バリアントは1600A、1600Lモデル、
エンジンは1600cc、54bhp
フロントブレーキがディスクとなり、スタッドは4LUG、フロントフードモールがロングタイプとなり、アームレストの形状変更又、ドアパネル、スイッチ類、ウィンドレギレータハンドル等、66オンリーのパーツも存在する。
1967モデル 電装関係が12Vシステムになる。
ブレーキマスターがデュアルサーキットシステムとなり、ドアロックシステム、ワイパー、ヘッドライトスイッチノブ、ウィンドレギレータハンドル、ドアロックノブ等がブラックの67オンリーといわれるタイプとなりボディ,ロッカーモール類が細いタイプに変更される。
1968モデル ガソリンタンクの給油口がフロントフード内から右フロントフェンダーへと移される。
ワイパー、ヘッドライトスイッチノブ、ベンチレーションスイッチ、ベントウィンドロック、ドアハンドル等がいわゆる後年式モデルに変更され、フロントシートもハイバックシートとなる。
フルオートマチックモデルがラインに追加される。
後期モデルからはフェールインジェクション、ダブルジョイントハヤアクスル(IRS)モデルが加わる。
USA輸出モデルはクロームブレットフロントウィンカー、クロームショートリヤリフレクターとなる。
1969モデル フェールインジェクション、IRSが標準モデルとなる。ガソリンフィラーがロック式となりフロントフードのロックリリースレバーがグローブボックス内へ移動される等の変更がある。
1970モデル ロングフロントノーズの後年式モデルとなる。
プレスバンパー、フロントフラッシャー、リヤテールレンズ等大きな変更を受け、フロントフード内の容量が大幅にUPされる。
1971モデル 強制ベンチレーションシステムが採用される。
フロント灰皿の小型化、リヤシートが折りたたみ式となる。
1972モデル フロントディスクローター、キャリパー、マフラーダンパーパイプ等の変更、メーター類がグレーフェイスからブラックフェイスに。
ワイパースイッチがコラムに移動、フロント、リヤのフラッシャーベースがクロームからペイント製に変更される。
1973モデル フロントシートの形状変更、ワイパーアーム、ブレードがブラックペイントに変更される等のマイナーチェンジを受けた後、生産が中止される。







○ここには記載しきれなかった各年式、モデルによる相違点、変更点は多々あります。
○本国使用、各輸出国によりモデル内容は異なっていました。
○8月以降の生産車は翌年モデルとされていました。





1961 model In early 1961 (April) , Volkswagen officially announced that a new model, released 1500 Notchback (VW1500) engine, 1493cc with side-draft 32 PHN carb, 6 Volt electrics, side parking lamps, veriable speed wipers, opening rear side windows etc.
1962 model The 1500 sedan was followed quickly by the 1500 Variant(Squareback)
in 1962.
1963 model Add released steel sliding roof model in 1963.
1964 model Released 1500S (Twin carb 32 PDSIT 2/3) available either 1500N (side-
draft 32 PHN carb) or 1500S. Also released 1500E same as S models have extra chrome trim on side front and rear, wheel trims, passenger out side door-rock, round type front flashers.

1500N, 1500S, 1500E more details as follows;
1500N; Side-draft carb 54 bhp "bullets" type front indicator, short painted rear reflector, painted vent window frame, short arm-rests, single speed wipers, without chromes reflector housing, clock, second sunvisor, passenger outside door lock.
1500S; Extra chrome trim on side front and rear, wheel trims, passenger out side door-
lock, chromed reflector housing, opening rear side windows, clock, door pockets, side arm rests and two rear ashtrays, push-button control switch panel, second sun visor, rear interior lights.
1500E; The small number of production. Same as 1500N engine with 1500S exterior and interior.
1965 model Wipers and headlights switch etc small modified.
1966 model Fastback introduced as 1600TL. Models now 1600A and 1600L Notchback, 1600TL Fastback, 1600A and 1600L Variant (Squareback) 1600cc engine; 54bhp. Disc front brake system, 4 lug stud, long type front hood molding, changed arm rested form. 1966 model is the only one to have door panel, switches, wind regulator handle etc.

1967 model 12 volt electrics models gain dual circuit brake system. 1967 model is the only one to have door lock system, wipers, flexible plastic knobs on switches (headlights etc) and vent-wing catches, front seat bracket release knobs, trigger door handle etc.

1968 model External fuel filler location changed from inside front hood to right fender. modified wipers, headlights switch knobs, ventilation switch, vent wind lock, door handle, changed front low back seats to front high back seat. Automatic option, in 1968 models have fuel injection introduced, double joint rear axle, internal filler release front hood lock release lever switch moved to inside glove box area. U.S.export model have chromed bullets indicators and chromed short rear reflectors.

1969 model All models equipped electronic fuel injection and double joint rear axle. Locked fuel filler flap.
1970 model Long-fronted models introduced ; extra luggage space, euro-bumpers (press bumpers), larger front flashers and rear light units.
1971 model Fresh air box ventilation system. Reduced ash tray size, folding rear seats.
1972 model Increased brake pad area with early 411 calipers, larger bore single-piece
damper / tailpipe, changed gray-faced instruments to black-faced instruments, wash-wipe lever on column with single wipe option, changed chromed indicator base to aluminium painted indicators.

1973 model Front seat form changed. Black wiper arms and blade holders. No further changes for last 1973 production stop models.



NOTE; * Differences very from each model and year.
* German domestic models specifications and export models specifications have the contents differed.
* Production in after August a model next year.